×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。







序章



 無機質な灰色を染め上げる紅。
 静かな闇に溶け込む黒。
 黒は紅を飲み込み、その味を覚える。
 紅に染まったその手で描くのは歓喜の詩(うた)。
 遺された詩声(うたごえ)は、見るもの全てを凍りつかせた。
 偽物の現実で、心を塗り潰したくなるほどに。

    ◆◆◆

 私は走った。
 どこに向かっているのか。ほとんど勘に近かった。
 まだ治りきっていない傷が、ずきずきと痛む。体は正直に動くなと命じているのだろう。
 けれど、止まるわけにはいかない。
 ここで行かなければ、私が私である意味を失ってしまう。
 私がここにいる理由。十年もの間、全てを捧げてきたもの。
 彼は、それを奪おうとしている。
 彼は優しい。十年前から何一つ変わっていなかった。
 けれど、だからこそ辛い。彼には、あの世界にいて欲しい。
 もう私は、そこにはいられないから。
 彼は私を守ると約束した。それは、認めたくないけれど、嬉しかった。
 でも、だめ。あの時の彼は、危なかった。あと一歩。誰かが後ろから押せば、もう戻れないところまできている。
 だから、私がどうにかしなければ。私、一人で。
 そして私は、そこに辿り着いた。
 あの人が望むとおり、決着をつけるために。






次へ進む

小説トップへ

TOPへ